吉祥寺にある美容室Next Beauty>トリートメント>乾燥する髪にはトリートメントで保湿を!原因や対策を紹介

乾燥する髪にはトリートメントで保湿を!原因や対策を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乾燥する髪にはトリートメントで保湿を!原因や対策を紹介

こんにちは!

吉祥寺の美容室miles by THE'RA(ミレスバイテラ)です。

今回は、乾燥する髪にはトリートメントで保湿をするべき理由を紹介します。


パサパサと乾燥した髪ではヘアスタイルがいつまでもキマらず、せっかくの外出もモヤモヤした気持ちになってしまうでしょう。

髪の乾燥は、おしゃれを楽しむ上では重要な問題です。

髪が乾燥していると、艶が出ないので〝老けた印象〟になりますし〝枝毛〟や〝切れ毛〟の原因に・・・。

そこで本記事では、乾燥する髪にはトリートメントでしっかりと保湿することが必要だということを詳しく紹介します。

以下のような悩みに当てはまる人はぜひ参考にして下さいね。

・髪がパサパサ、カサカサしていて手触りが悪い

・バサバサとまとまらず、広がってしまう

・エアコンに当たると髪がボサボサになってしまう

乾燥対策におすすめなトリートメントも紹介しましすので、ぜひ参考にして下さいね!

髪が乾燥する原因って?対策も合わせて紹介

健康な髪には水分が約13%含まれています。

しかし、髪がボサっと膨らんだりパサパサしている状態では水分が約7%以下と乾燥している状態です。

ここでは、髪が乾燥する原因とその対策を紹介します。

髪がパサパサと乾燥する原因

髪の表面はキューティクルという膜で覆われており、このキューティクルに髪が乾燥することが関係します。

髪はキューティクルが整っていることで水分を保つ役割をしますが、傷つくと髪内部の水分逃げやすくなってしまいます。

そのためキューティクルが傷つくことが、髪が乾燥する原因となります。

キューティクルが傷つく原因は以下のことが挙げられます。

・洗浄力が強いシャンプーの使用

・シャンプーやタオルドライの摩擦で髪を傷つけている

・ドライヤーやヘアアイロンの使い方

・濡れた髪を自然乾燥する

・紫外線

・食生活

心当たりのある項目があったのではないでしょうか?

上記の項目を対策できるといいですが、全てを完璧にこなせない時もあるでしょう。

そんな人でも、次に紹介する対策を日頃から取り入れることで、髪の乾燥を防ぐことができます。

乾燥対策はトリートメントで保湿を!

対策としてはトリートメントを使用すること。

トリートメントは髪を保護する役目があることから、乾燥対策におすすめです。

補修成分や保湿成分が髪内部まで浸透し、乾燥した髪へ潤いを与えることができます。

しっかりと保湿された髪は手触り感がしなやかになり、毎日のスタイリングがやりやすくなりますよ!

一般的には、トリートメントは2種類あり

・インバストリートメン・・・お風呂で使用する洗い流すタイプ。

・アウトバストリートメント・・・お風呂上がりに使用する洗い流さないタイプ。

があります。

髪が乾燥している場合は、どちらも使用することが望ましいです。

特にヘアカラー、パーマ、縮毛矯正をしている場合は補修力や保湿力が高いものを選ぶと良いでしょう。

【髪質別】乾燥する髪をうるうるに!あなたに合ったトリートメントの選び方

これまでに紹介したトリートメントを、髪質別に紹介します。

髪質に合ったトリートメントを選ぶことができると、求めている仕上がり感に近づくことができますよ。

【剛毛】トリートメントの選び方

髪が太めでコシがあり広がりやすい剛毛さんは、重めに仕上がるトリートメントがおすすめ。

油分が多めに配合されていると、しっとりとした仕上がりになります。

乾燥して広がるガンコな髪も、潤いを逃しにくくなるのまとまりやすくなります。

アウトバストリートメントは「クリーム」や「オイル」がおすすめ。

乾燥でボサと広がる髪のボリュームダウンになります。

【軟毛】トリートメントの選び方

髪は細くて絡まりやすい軟毛さんは、軽やかな仕上がりになるトリートメントがおすすめ。

サラサラとした軽い仕上がりになるため、時間が経ってもふんわり感が持続します。

アウトバストリートメントは「ジェル」や「スプレー」がおすすめ。

細くて絡まりやすい軟毛さんでも指通りの良さを実感できるでしょう。

より軽い仕上がりを求めているのなら「スプレー」が向いていますよ。

【ダメージ毛】トリートメントの選び方

ヘアカラ・パーマ・縮毛矯正などによりダメージがある髪には、補修成分や保湿成分が多く配合されているトリートメントがおすすめ。

ダメージを受けた髪に、髪内部から栄養分や潤いを与えることで乾燥の改善になります。

アウトバストリートメントは「ミルク」と「オイル」の重ね付けがおすすめ!

先にミルクを馴染ませ髪をしなやかにして、次にオイルでコーティングをするとしっとりした髪が持続します。

乾燥する髪におすすめ!最高保湿トリートメントを紹介

これまでではトリートメントは、乾燥対策に必要であることを紹介しました。

先ほどの解説を踏まえて、ここでは特に乾燥した髪におすすめな「最高保湿!Camiaトリートメント」を紹介します。

最高保湿!Camiaトリートメントって?

最高保湿!Camiaトリートメントとは、頭皮と髪に美容成分をたっぷりと補給することができるトリートメント。

修復力がある上にしっかりと保湿できるので、まとまりやすい髪に仕上がります。

乾燥対策におすすめなトリートメント!

代表的な成分は以下のものがあります。

・はちみつ

・水飴

・ヘーゼルナッツ油

・アルガンオイル

保湿効果があり髪全体を覆う「はちみつ」と、栄養を閉じ込める「水飴」が配合された天然成分100%のトリートメントをぜひお試しください!

最高保湿!Camiaトリートメントは髪だけではなく頭皮の乾燥対策にもおすすめ!

最高保湿!Camiaトリートメントは髪のケアだけではなく、頭皮のケアにも向いています。

美容液成分がたっぷりと含まれているので、髪や頭皮の乾燥対策を考えている人はぜひお試しください。

以下のような悩みを持つ人におすすめですよ。

・頭皮ケア

・エイジングケア

・髪のダメージケア

また、最高保湿!Camiaトリートメントは、頭皮のマッサージに最適なテクスチャになっていますので、ホームケアを至福な時間にすることができるでしょう。

→商品を購入する


トリートメントに関するQandA

ここではトリートメントに関する疑問を解決します。

Q.トリートメントは毎日した方がいいの?

A.毎日してOK!

シャンプーをすると、ほとんどの成分が流れるため、しなやかな髪を保つためには毎日使用することをおすすめします。

ただし、商品によっては「週に2〜3回程度」と記載がある場合がありますので、確認してから使用しましょう。

Q.美容室で行うトリートメントとは何が違う?

A.美容室でのトリートメントはダメージを受けた髪の集中ケアができる!

市販で売られているトリートメントよりも補修力や保湿力などが高い成分が使用されているので、ダメージのひどい髪の集中ケアをすることができます。

また、美容師が髪の状態を見極めてトリートメントを選定するので、ホームケアでは得られない仕上がりになります。

Q.トリートメント・コンディショナー・リンスの違いがわからない!

A.トリートメントは髪内部まで浸透!コンディショナーやリンスは髪の表面をコーティング!

トリートメントは、補修成分や保湿成分が髪内部まで浸透し作用するもの。

一方でリンスやコンディショナーは、髪の表面に作用し指通りが良くなるようコーティングする役目があります。

リンスとコンディショナーは明確な違いはなく、メーカーによって定義が違いますので購入する際は調べておくと良いでしょう。

まとめ


乾燥対策にはトリートメントでケアすることがおすすめなことを紹介しました。


乾燥する原因は、洗浄力が強いシャンプーの使用、シャンプーやタオルドライの摩擦、ドライヤーやヘアアイロンの使い方など様々。

日頃から、トリートメントで髪を保湿することで髪の乾燥を防ぐことができます。

特に乾燥している場合は、インバストリートメントとアウトバストリートメントを両方使うことがおすすめです。

トリートメントの選び方は剛毛、軟毛、ダメージ毛など髪質別に選ぶとことで、求めている仕上がり感に近づくことができます。

また、乾燥する髪には、はちみつや水飴が配合された「最高保湿!Camiaトリートメント」を試してみてくださいね!

オフィシャル

オフィシャル

Written by:

ご覧いただきありがとうございます。

たくさんのお客様に喜んでいただくため、ブログを書いていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィシャルは、こんな記事も書いています。

  • 縮毛矯正後のシャンプーはいつからOK?洗う際の注意点も解説

    縮毛矯正後のシャンプーはいつからOK?洗う際の注意点も解説

  • 縮毛矯正後アイロンはOK?ダメージを減らすためのアイロン使用3つのポイント

    縮毛矯正後アイロンはOK?ダメージを減らすためのアイロン使用3つのポイント

  • 【低刺激】夏の敏感な頭皮に!頭皮にも優しいシャンプーの選び方

    【低刺激】夏の敏感な頭皮に!頭皮にも優しいシャンプーの選び方

  • ヘアカラーやパーマの傷みに!トリートメントの選び方やケア方法を解説

    ヘアカラーやパーマの傷みに!トリートメントの選び方やケア方法を解説

  • 乾燥する髪にはトリートメントで保湿を!原因や対策を紹介

    乾燥する髪にはトリートメントで保湿を!原因や対策を紹介

  • 前髪が薄い女性の悩みをプラスに変える方法とは?薄毛の原因と対策、おすすめヘアアレンジも♪♪

    前髪が薄い女性の悩みをプラスに変える方法とは?薄毛の原因と対策、おすすめヘアアレンジも♪♪

人気記事 新着記事 関連記事
  1. 1

    リバースケアって何?美容師が教える5つの真実

    リバースケアって何?美容師が教える5つの真実

    136543

    2021/11/01
  2. 2

    【2021年最新】ボブならデジタルパーマでさらに可愛くッ!!ボブの人気ヘアカタログ♪♪

    【2021年最新】ボブならデジタルパーマでさらに可愛くッ!!ボブの人気ヘアカタログ♪♪

    107493

    2021/11/01
  3. 3

    【世界一わかりやすい】美容師が教える髪の毛のパサパサ解消法

    【世界一わかりやすい】美容師が教える髪の毛のパサパサ解消法

    105170

    2021/11/01
  4. 4

    ブリーチなしでも出来るグレージュカラー!人気美容師厳選ヘアカタログ

    ブリーチなしでも出来るグレージュカラー!人気美容師厳選ヘアカタログ

    101388

    2021/11/01
  5. 5

    ナチュラルな内巻きボブは縮毛矯正で手に入る!くせ毛さんがお手入れ簡単ボブにする方法。

    ナチュラルな内巻きボブは縮毛矯正で手に入る!くせ毛さんがお手入れ簡単ボブにする方法。

    63595

    2021/11/01
  1. 1

    縮毛矯正後のシャンプーはいつからOK?洗う際の注意点も解説

    縮毛矯正後のシャンプーはいつからOK?洗う際の注意点も解説

    31678

    2022/06/23
  2. 2

    縮毛矯正後アイロンはOK?ダメージを減らすためのアイロン使用3つのポイント

    縮毛矯正後アイロンはOK?ダメージを減らすためのアイロン使用3つのポイント

    9239

    2022/06/22
  3. 3

    【低刺激】夏の敏感な頭皮に!頭皮にも優しいシャンプーの選び方

    【低刺激】夏の敏感な頭皮に!頭皮にも優しいシャンプーの選び方

    265

    2022/05/28
  4. 4

    ヘアカラーやパーマの傷みに!トリートメントの選び方やケア方法を解説

    ヘアカラーやパーマの傷みに!トリートメントの選び方やケア方法を解説

    1525

    2022/05/11
  5. 5

    乾燥する髪にはトリートメントで保湿を!原因や対策を紹介

    乾燥する髪にはトリートメントで保湿を!原因や対策を紹介

    660

    2022/05/10
  1. 1

    ヘアカラーやパーマの傷みに!トリートメントの選び方やケア方法を解説

    ヘアカラーやパーマの傷みに!トリートメントの選び方やケア方法を解説

    1525

    2022/05/11
  2. 2

    パサパサの髪の毛に!髪質別トリートメントの選び方【剛毛・軟毛・ダメージ毛】

    パサパサの髪の毛に!髪質別トリートメントの選び方【剛毛・軟毛・ダメージ毛】

    3886

    2022/03/11
  3. 3

    【世界一わかりやすい】美容師が教える髪の毛のパサパサ解消法

    【世界一わかりやすい】美容師が教える髪の毛のパサパサ解消法

    105170

    2021/11/01
  4. 4

    リバースケアって何?美容師が教える5つの真実

    リバースケアって何?美容師が教える5つの真実

    136543

    2021/11/01
  5. 5

    【最新版】2021年☆乾燥などで傷んでしまった髪を守る!人気ヘアオイル♪ベスト5

    【最新版】2021年☆乾燥などで傷んでしまった髪を守る!人気ヘアオイル♪ベスト5

    18650

    2021/10/24

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2020 miles(ミレス) All rights reserved.