吉祥寺美容室miles by THE'RA>カラー>白髪染め>白髪染めの頻度の正解は何ヶ月?美容師がわかりやすく教えます!

白髪染めの頻度の正解は何ヶ月?美容師がわかりやすく教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1
白髪染めの頻度の正解は何ヶ月?美容師がわかりやすく教えます!


髪の毛は生涯伸び続けるもの。


清潔感のある身だしなみの一部として、


またはオシャレや個性を演出する為のアクセサリーとして、


髪の毛は身体と共に、自分自身を形造る一部として産まれ、成長し、衰えていきます。


今回このブログでは、髪の毛の一つの状態『白髪』にフォーカスを当てて、プロ目線での情報をお伝えしていければと思います。



頻度が高いと良くないの??白髪染めが頭皮に与える影響とは


何事においても限度は存在します。いくら伸びてきた白髪が気になるからといって、

週一や二週に一度のペースで白髪染めを続けて、なんの影響もないはずがありません!


まずは、どうしても避けられない


①『髪の毛自体へのダメージ』


オシャレ染め同様当然、白髪染めでも髪の毛へのダメージはあります。

日本人の黒髪を、「明るく染める」のが目的であるオシャレ染めは、染めた後の見え方や褪色の仕方からダメージが大きい。

一方「白髪染め」の薬剤は、白髪である白色の髪の毛を染める為に、色素量が多く配合されています。結果「暗く染める」ということになるわけですが、

オシャレ染めの薬剤と比べると明らかに褪色のスピードが遅く、見え方としても暗くなる分、ダメージをしていないように映ります。

このような認識が一般的ですが、実は染める為の薬剤「カラー剤」の種類によって、ダメージの度合いというものは全く異なります。

しかし、どちらのカラー剤を使っても、「必ず」髪の毛にとってはダメージに繋がるということだけは理解しておきましょう。


少し逸れて、髪の毛自体への影響についての説明をしていますが、これは頭皮にも言えることなのです。


②『アレルギー』


次は、人体への影響。

白髪染めに限らず、全てのカラー剤(マニキュア酸性カラー、カラートリートメント、シャンプーなどは除く)には、アレルギー物質である「ジアミン」というものが配合されています。

設計上髪の毛を染めるためには必要な成分ですが、場合によってはこの成分で「かぶれ」や「湿疹」などのアレルギー反応を起こす人もいます。

個人差がかなりあり、大抵の人は何も感じなかったり、染め始めた瞬間だけピリリと刺激を感じることがほとんどです。

ですが、短い頻度で10日に一度や一月に二度。

このくらいのハイペースで長期で染め続けていたり、白髪染め後のシャンプーやすすぎが不十分ではない場合に、そういったトラブルが起きる事が多い様です。

もちろん、体質や体調によって始めから白髪染めの薬剤を受け付けないという場合もあります。

まだカラーリングをした事がなく、これから美容室、市販の薬剤で白髪染めやオシャレ染めを考えている方は、必ずパッチテストをしてから染めるようにしましょう。


因みに、ネットで噂されていたり、都市伝説のように言われている、白髪染めやオシャレ染めなどのカラーリングが『抜け毛(ハゲる)』『薄毛』『細毛』の直接的な原因になるということはあり得ません。

ちゃんとした状況化で、節度を守って行う白髪染めは、人体に対して過度な影響は及ぼさないので、過敏に怖がったり極端に敬遠する必要のないものです。


白髪率別の最適な頻度、教えます!


一言で白髪染めと言っても、伸び具合や地毛の黒髪に対してどのくらいの比率で白髪があるのかなど、人によってその形、状態は様々です。


ここでは全体の髪に対してどのくらいの白髪の比率か、で適正と思われる白髪染めの頻度をお教えします。


10~30%  1ヶ月半〜2ヶ月


30~50%  1ヶ月


50~100%  2〜3週間


白髪染めのリタッチは2ヶ月以内にした方がいい理由


前述でもありますが、白髪染めのリタッチ(根元のお染め)は遅くとも『2ヶ月』以内の頻度にすることをオススメします。

自分でもなんとなく早めの方がいいのかな?と頭の中では考えていても、実際に文章で読んで、なぜその頻度が良いのかしっかりと理解をすると、自分の中での白髪染めの頻度(タイミング)を計りやすくなるはずです。


いくつかの理由がありますが、一番はこれでしょう


『見た目』


これが一番大きな理由としては挙げられます。

1日で約0.3ミリ〜0.4ミリ、1ヶ月で約1センチ〜1.5センチほど人間の髪の毛は伸びていきます。

2ヶ月という期間が経つと約2.5センチ〜3センチほど髪の毛は伸びていきます。白髪率が少ない方でも、3センチも根本が伸びると白髪の存在が目立ってきてしまいます。


そうなってくると、自分だけでのスタイリングで隠すのは難しく、周りの人にも確実に白髪が伸びているのが分かってきてしまいます。

自分で鏡を見た時に、白髪があるのが分かってしまうのが嫌なのは勿論、他人からの目線もかなり気になって嫌なものですよね?

ですが、我々美容師の様な職業でもなければ、1日の中で自分を鏡で見る機会 というのはそこまで多くはないはず。

生活をしている中でついつい白髪の事が頭から抜けて、鏡を見るたびに「あ、、」と少し嫌な気持ちになる。その繰り返しで限界を迎えて白髪染めに行く。

これでは周りからの印象も良いはずはなく、なにより自分が一番嫌なはずです。

なので、白髪染めを続けて行くなら、『期間を決める』ことをオススメします。

今日染めたからしばらくは大丈夫。ではなく、1月の中頃に染めたのであれば、4月になるまでには染める!というような頻度の目安を作ることで、髪の綺麗な状態を保ち、身だしなみも美しくいられるというものです。


他には、

「カットとのタイミングを合わせる」


美容室には白髪染めのカラーリングだけではなく、オシャレを楽しむ為のカットやパーマといったメニューもするはずです。

2ヶ月という期間は、よほどのショートスタイルの方ではない限り、前回のカットが崩れ始めてくる頃です。

1ヶ月半〜2ヶ月以内にカットとカラーリングをしていく頻度として設定することが、素敵なスタイルを維持していく為には必要な事と言えるでしょう。


また、

「頭皮のターンオーバー」

これらを考えた時にもちょうどいい頻度です。


ターンオーバーというのは、皮膚(表皮)の新陳代謝のことを指します。皮膚(表皮)は何層かに分けられ、一番下の細胞がどんどんと表面に上っていき、角質化して垢となり剥がれ落ちます。

正常なターンオーバーというのは、部位や個人の差がありますが、28日周期で行われるのが理想とされていますが、30歳を超えると、加齢のため長い方では、45日程度になってきます。

ですので、カラーリングでの頭皮への刺激を考えれば、


・白髪染めの頻度は28日は空ける


・1ヶ月半、45日程空ければ個人差はあれど頭皮への負担は限りなく少なくなる


以上を踏まえると、頭皮の健康や影響を最小限に抑えて、尚且つキレイに整った髪の状態を保つなら、1ヶ月半〜2ヶ月以内が早すぎず遅すぎずベストなタイミングとなります。


*もちろん、スタイルやお出掛けなどのイベント事でのタイミング、担当している美容師さんの考え方などによって、多少の変化はしてくるはずですが。


《初回プラン♪》似合わせカット+カラー+日本初☆美髪トリートメント_150分

¥12,000

利用条件:初めて

このクーポンで予約

簡単便利なLINE予約なら「最低価格保証」が適用されます☆

《最低保証規約に関して》

この機会に是非お試しください♪♪

LINE予約の方法はこちらでチェック♪♪


白髪染めのダメージを抑えるために大切なこと



ここまでこの記事を読んでいただけていれば、ある程度の理解を得られているとおもいますが、

白髪染めをすることによって、受けるダメージの箇所というのは大きく二箇所に分けられます。


・髪の毛

・頭皮

です。

薬剤施術をすることで、髪の毛にはケミカルダメージというものが加わっていきます。

このダメージには『予防』『補修』が一番効果的で、美容室で白髪染めをする際の前処理、後処理がダメージを抑える為には、かなり大切な要素になってきます。

そういった前処理、後処理で行う「トリートメント」施術をすることが、カラーリングを続けていく上では重要です。


ミレスではダメージの予防に特化した自社開発の「KAMITAS」トリートメントを使用しております。

カラーなどの施術前に「髪」を「満たす」ことにより大幅なダメージ軽減が見込めます。

また、「KAMITAS」はカラーの薬剤を流した後も補修成分が髪に残り、潤いやツヤをもたらします。


カラー施術が頭皮に対して与える影響としては、薬剤が残留することによる「酸化」があります。

毛穴の中などにカラー薬剤が残ると、毛穴の中の皮脂が酸化して「過酸化脂質」となり毛穴詰まりの原因となります。

ミレスでは「高濃度炭酸泉」を使用し、毛穴の中の残留薬剤まで徹底的に洗い流します。


美容室での白髪染めと自宅での白髪染めの違い



これには確実な違いがありますよね?


『プロがやるか、やらないか』


まず自宅での白髪染めの前提として、「自分、もしくは周りの人」に手伝ってカラーリングはしてもらわないといけません。

当然、美容師が施す技術とは比べられるものではありませんよね。

どれだけハイペースな頻度でセルフの白髪染めをする方でも、2週間以内ということはあり得ないでしょう。

つまり、とっても早い頻度で染める方も、月に2回ほどしかカラーリングをする機会はないのです。

一方美容師の場合は、(説明するまでも無さそうですが。。)1日に何人ものお客様のカラーリングをしています。

その人の髪質、毛量、骨格や伸び具合などに合わせて薬剤を塗布、放置時間を管理しているので、薬剤を過剰に塗布、放置しての余計なダメージ、過度にとかすなどコーミングでの物理的なダメージ。これらが最小限に抑えられます。


『市販の簡易的な薬剤か、個人に合わせた配合の薬剤か』


もちろん薬剤にも大きな違いがあります。

白髪染めなどカラーリングをされている方は耳にしたことがあるのでは?

市販の薬剤というのは、「どんな髪質の人でも染まる」ように設計されています。結果、とてつもなく染めるパワーというのが強いのです。

このハイパワー薬剤で、元々が細かったり、ダメージを受けている髪の人が染めるのは考えるのも恐ろしい。。。

一方、美容室で使用している薬剤。これはお店によってそれぞれ特徴はありますが、ウチのお店を例に挙げれば、「ボタニカル成分配合」の薬剤を一人一人に合わせたパワーに調節、髪の状態に合わせた「塗り分け」をしています。

この作業があることで、その後の髪の状態に大きな差が出てきます。

*具体的には、市販品だと髪がきしみ指通りが悪くなり、パサつきや枝毛が目立ちます。


以上この2つが一番大きな違いとしては挙げられますが、他にもサロンで受ける詐術には前処理、後処理などのトリートメントでのケアがありますし、薬剤を流す際には「アルカリ除去」「過酸化水素(ヘアカラーの2剤の成分)除去」など、髪にカラー剤の成分が残留しないようにも配慮が出来ます。

(市販品の多くは、この2つの成分が残留することによって、髪のきしみやダメージを強く感じます。)


《初回プラン♪》似合わせカット+カラー+日本初☆美髪トリートメント_150分

¥12,000

利用条件:初めて

このクーポンで予約

簡単便利なLINE予約なら「最低価格保証」が適用されます☆

《最低保証規約に関して》

この機会に是非お試しください♪♪

LINE予約の方法はこちらでチェック♪♪


自宅で白髪染めをする場合の注意点



それでも、タイミングなど様々な状況でどうしてもサロンに行く時間がない、急な予定が出来てしまった場合にやむ終えず使用しなければならない時があるかもしれません。

そういった時には、以下の点に注意をしましょう。


1.前準備をしっかりとする

・髪にスタイリング剤やケア剤が付いていない状態

・服装は前びらきで汚れてもいいものを着用

・染める場所は洗面台ではなく、お風呂場の中で


カラー剤の塗布は、出来る限りスムーズにしていかなければダメージの要因となります。

スムーズな仕上がりを目指すなら、まずは前準備をしっかりとしておきましょう。


2.綺麗な仕上がりを作るために

・出来るだけ誰かと一緒に染める

・薬剤塗布後はラップ、または専用キャップをつける


セルフで染める場合、自分からは見えない後頭部分はとても色むら、塗り忘れが多い箇所になります。

よほど手馴れていなければ簡単にはいかないでしょう。

極力、他の方にも手助けしてもらい、目視でのチェックをしてもらうのをオススメします。

助力が期待出来ない場合は、手鏡をお風呂場に予め持ち込んで合わせ鏡で確認をしましょう。

不安ならば、ラップや専用のキャップで塗布ムラをカバーすると良いです。


3.最後に

・染まったなら、しっっっっかりと流して、しっっっっかりとシャンプーをする

・自分を洗い終わった後は浴室もしっかりと流す


カラー剤の成分の中には、普通に流しただけでは落としきれない成分というものが存在します。

市販の薬剤はそういった成分が残留しやすく、髪の中から抜けづらいのです。

市販品で染めた場合は、10日間程弱酸性シャンプーを使用しましょう。

それも、クエン酸やリンゴ酸などの「バッファー効果」のあるものを使うと、髪のきしみなどが軽減されていきます。


完璧に自分自身の処理が終わったなら、浴室の壁や床など、を念入りに流しましょう。

カラー剤は、水滴の様にほんの少しついていたり、シャンプーの泡などが残って乾いてきたりすると、それがシミとなり浮き上がってきます。

しかも、一度つくと中々に落ちづらいものなので、後から面倒にならないように、しっかりと清掃をした方が良いでしょう。


男性の白髪染めの頻度の目安は?女性とは違うの?


基本的には、頻度の目安に差はありませんが、男性の場合は短いスタイルであったり、暗めのトーンで染められる方が多く、新生毛である白髪と既染毛の黒髪部分の境目がハッキリと出てしまったり、短い分根元の白髪部分が出てきてやすくなる傾向にあります。

なので、女性ほどカバーは出来ず「見た目」の問題で、女性よりは少し頻度は早い方がよいでしょう。



吉祥寺駅 徒歩30秒 ヘッドスパ&トリートメントが人気の美容室

miles produce by THE'RA (ミレス プロデュース バイ テラ)


東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-12公社第三ビル3F

TEL
0422-27-2272


《アクセス》

吉祥寺駅北口(中央口)を出ていただいて、すぐ目の前にケータイショップが見えます。そのとなりのみずほ銀行ATMの3階になります。

徒歩10秒という、吉祥寺一番のアクセスのしやすい場所に、トリートメントが人気の美容院miles(ミレス)はあります。

東京でキレイな髪になれる美容室をお探しの際はぜひmiles(ミレス)へお越しください。


初めてmiles by THE'RAをご利用するお客様のためのプラン一覧♪


プラン一覧を見る

簡単便利なLINE予約なら「最低価格保証」が適用されます☆

《最低保証規約に関して》

この機会に是非お試しください♪♪

LINE予約の方法はこちらでチェック♪♪


石田 海

石田 海

Written by:

ヘアスタイルなど悩みがある方、指名していただければ、必ず私が担当いたします。プロフィール詳細▷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • g+1

石田 海は、こんな記事も書いています。

  • 白髪染めの頻度の正解は何ヶ月?美容師がわかりやすく教えます!

    白髪染めの頻度の正解は何ヶ月?美容師がわかりやすく教えます!

  • アラフォー女性に似合う髪色は?40代に似合う白髪が目立たないヘアカラー教えます!

    アラフォー女性に似合う髪色は?40代に似合う白髪が目立たないヘアカラー教えます!

  • くせ毛カットが上手な現役美容師が教える!くせ毛の女性の髪型、似合う長さは?

    くせ毛カットが上手な現役美容師が教える!くせ毛の女性の髪型、似合う長さは?

  • 美容師が教える!頭皮のかゆみ6つの原因と正しい対処法!

    美容師が教える!頭皮のかゆみ6つの原因と正しい対処法!

  • 夏のダメージを後に残さない!!

    夏のダメージを後に残さない!!

  • こだわりの仕事道具☆

    こだわりの仕事道具☆

新着ヘアスタイル

カテゴリー

人気記事 新着記事 関連記事
  1. 1

    アラフォー女性に似合う髪色は?40代に似合う白髪が目立たないヘアカラー教えます!

    アラフォー女性に似合う髪色は?40代に似合う白髪が目立たないヘアカラー教えます!

    174516

    2018/03/03
  2. 2

    【クセの強さ別】縮毛矯正をかける期間について徹底解説!美容師が教えるストレートパーマとの違い

    【クセの強さ別】縮毛矯正をかける期間について徹底解説!美容師が教えるストレートパーマとの違い

    158577

    2018/01/12
  3. 3

    エラ張りベース顔さんが髪型次第でスッキリ小顔に!?ベース顔をカバーするヘアスタイルとは?

    エラ張りベース顔さんが髪型次第でスッキリ小顔に!?ベース顔をカバーするヘアスタイルとは?

    132733

    2017/10/12
  4. 4

    エラ張り顔に似合う髪型とは?小顔に見せる方法と前髪を作る時に気をつけたい3つのポイント

    エラ張り顔に似合う髪型とは?小顔に見せる方法と前髪を作る時に気をつけたい3つのポイント

    106784

    2018/01/01
  5. 5

    くせ毛でショートヘアにしたい女性必見!クセを活かした髪型にするためには?

    くせ毛でショートヘアにしたい女性必見!クセを活かした髪型にするためには?

    85804

    2018/02/28
  1. 1

    ステキな前髪は縮毛矯正で手に入る♪♪失敗しないための前髪縮毛矯正攻略法!!

    ステキな前髪は縮毛矯正で手に入る♪♪失敗しないための前髪縮毛矯正攻略法!!

    9309

    2018/05/18
  2. 2

    【2018年秋冬】大人ボブ人気ヘアカタログ☆世代別トレンドボブ、教えます!!

    【2018年秋冬】大人ボブ人気ヘアカタログ☆世代別トレンドボブ、教えます!!

    6976

    2018/05/18
  3. 3

    前髪が薄い女性の悩みをプラスに変える方法とは?薄毛の原因と対策、おすすめヘアアレンジも♪♪

    前髪が薄い女性の悩みをプラスに変える方法とは?薄毛の原因と対策、おすすめヘアアレンジも♪♪

    2883

    2018/05/18
  4. 4

    リバースケアって何?美容師が教える5つの真実

    リバースケアって何?美容師が教える5つの真実

    2203

    2018/05/18
  5. 5

    【最新版】2018年秋冬☆乾燥などで傷んでしまった髪を守る!人気ヘアオイル♪ベスト5

    【最新版】2018年秋冬☆乾燥などで傷んでしまった髪を守る!人気ヘアオイル♪ベスト5

    7808

    2018/05/01
  1. 1

    アラフォー女性に似合う髪色は?40代に似合う白髪が目立たないヘアカラー教えます!

    アラフォー女性に似合う髪色は?40代に似合う白髪が目立たないヘアカラー教えます!

    174516

    2018/03/03
  2. 2

    白髪染めで明るい茶髪にしたい人必見!現役美容師がよくある疑問に答えます!

    白髪染めで明るい茶髪にしたい人必見!現役美容師がよくある疑問に答えます!

    5028

    2018/02/26
  3. 3

    吉祥寺の人気美容師がハイライトカラーを徹底解説!おすすめヘアカタログ付き♪

    吉祥寺の人気美容師がハイライトカラーを徹底解説!おすすめヘアカタログ付き♪

    6492

    2017/10/06
  4. 4

    今旬カラー☆2017夏のトレンドアッシュ☆

    今旬カラー☆2017夏のトレンドアッシュ☆

    611

    2017/08/02
  5. 5

    ハイライトをプラス!

    ハイライトをプラス!

    901

    2017/06/17

美容院専用ホームページサービス